組長の一人娘がお世話役の若頭をおいしく頂く話。|調教済みの娘がエロ過ぎ

城戸組・組長の一人娘よぞら。
よぞらが幼少の頃より世話役として仕えてきた城戸組若頭・辰巳。
組長が亡くなったのを機に辰巳はよぞらを連れ出し
六畳一間の古アパートに住居を移しふたりきりの新しい生活をスタートする。

組長の代わりとなって父の様に、または兄の様に家族としてよぞらを溺愛する辰巳。
しかしいつしか二人は家族ではなく「男」と「女」になり、
日夜肉体を絡ませあう関係へと変化する。

毎夜行われる営みで自分ばかり満足してしまっていることに納得できないよぞらは

「私が気持ちよくしてあげるから動いちゃ駄目」
「何もしないで」
と辰巳に命令する。

辰巳はされるがままよぞらの愛撫・ご奉仕を受ける事になるが…

組長の一人娘がお世話役の若頭をおいしく頂く話。覗き見

作品ページは下の画像をタップ