意地悪な御曹子先輩にお持ち帰りされて…

飲み会に馴染めないあなたは、先輩に連れ出されて…

ある日のサークルでの飲み会にて。

「へぇー。『楽しい』、ねぇ……そういう割には、グラスの中身も皿に取り分けられた料理も減ってないじゃん。グラスに至っては、氷が融けて嵩が増えてる気ぃするんだけど。──俺の勘違いか?」
「周りに気を遣って飲み会がお開きになるまでずーっと居残り続けたって、ひたすら退屈が続くだけで、時間の無駄だろう?」
「人生は有限だ。なら、少しでも有意義に過ごした方が賢明だろう? 今日、俺ん家誰もいないから、来いよ」

終電での痴漢プレイ…
先輩の家で玄関先の奉仕…
ベッドに連れて行かれ、激しい絶倫SEX…

あなたを半ば強引に連れ出した御曹子の先輩との淫靡な関係が始まる。
ただ、あなたからの責めには弱いようです。

【サンプル】意地悪な御曹子先輩にお持ち帰りされて…