布ナプキンに変えただけで生理痛緩和できる?

布ナプキンは、生理痛緩和に役立つケースがあります。
これまでの紙ナプキンの場合、表面が石油製品でつくられているため、化学物質が肌から吸収されて不快に感じたり、生理痛を悪化させることがあると考えられていました。
これに対し、布ナプキンはコットン素材でできているため、経費毒の心配がありませんし一日中快適に過ごせるため生理痛緩和に役立つと考えられています。

布ナプキンは紙ナプキンに比べると漏れやすいというイメージがありますが、適切な大きさや質のものを選べば一日中漏れることなく外出することも可能です。
手ぶらでトイレに行くこともできますし、洗濯をすれば再利用することが出来ますので、便利なだけでなくエコロジーという視点からも環境に優しいのが特徴です。

紙ナプキンから布ナプキンに変えることで生理痛緩和が出来たという口コミは非常に多く、体調が悪くなりがちな生理の期間を布ナプキンをつかうことで快適に過ごせると評判を呼んでいます。
特に、紙ナプキンの場合には数時間に一回取り換える必要があるためナプキンを持ち歩く必要があります。
布でできたナプキンは意外と吸水力が高いため、それほど長い時間でなければ交換する必要もなくパワフルな吸水力が特徴の製品です。

毎月紙ナプキンを使うことでかなりのごみがでますが布ナプキンの場合には一度買いそろえてしまえば長く使うことが出来るメリットがあります。
コットン素材ですのでかぶれや蒸れにも強く、肌当たりが優しいのもメリットです。
洗濯もつけ置きしておけば驚くほど簡単に汚れを落とすことが出来ますので、工夫をしても生理痛が緩和されないという方には布ナプキンを使うことをおすすめします。

ナプキンを変えただけで生理痛が緩和されるというのはにわかに信じがたいかもしれませんが、実際に紙から布タイプに変えることで生理痛が楽になったという人は沢山います。
意外と使い方も簡単で便利ですし、環境にも優しいメリットの大きい製品です。

洗濯は意外と簡単!布ナプキンすると断然節約!

布ナプキンを使うことが生理痛緩和に効果があるのはなぜでしょうか。
紙ナプキンには血液を固めるための高分子ポリマーが使われています。
これには、水分を吸収すると冷えるという作用があり、経血を吸収した紙ナプキンは冷却ジェルシートのような状態になってしまいます。
そのため生理中に紙ナプキンを使うことで身体が冷え、子宮の働きが鈍り経血を排出できなくなります。
経血を排出させるために子宮を収縮させるホルモンを分泌させることが生理痛の原因となっているのです。

布ナプキンはコットン、シルクなどの自然素材が使われているので、肌ざわりが良く紙ナプキンのようなひんやりとした感覚がせず、蒸れにくくかぶれにくいです。
生理痛緩和にも役立ちますし、生理時特有のイヤな臭いもしなくなります。
通気性も良いので、デリケートゾーンのかゆみもなくなります。
今まであまり自分の身体に関心がなかった方も、ちょっとした体調の変化にも気づきやすくなります。
子宮(内臓)を温めてあげることで全身の血行が良くなるので、冷え性の改善にもつながります。
経血の排出がスムーズになるので布ナプキンにして生理痛が軽くなったという方も多いです。

布ナプキンの良い評判は聞いているけれども、扱いが面倒というイメージが強く、興味はあっても使うのをためらっているという方もいるかもしれませんが、実際はそうでもありません。
布ナプキンにつく経血は、洗剤をとかしたバケツにつけおきするだけで、簡単に落ちます。
あとは、普通に洗濯するだけです。
紙ナプキンに慣れた身体は、最初は経血が出た感覚が分からないですが、布ナプキンにすると膣の感覚が鋭敏になるのでだんだんと分かるようになってきます。
そのうちに経血コントロールができるようになり、排泄のタイミングで経血が出るようになってきますのでとても便利です。

短時間であれば手ぶらでトイレに行けるようになるのも助かります。
もし汚れてしまっても、洗剤液をスプレーボトルに入れてふきかけて防水バッグに入れておき、帰ってから洗濯するだけできれいに汚れが落ちます。
紙ナプキンの場合は毎回取り換えなければならないため、たくさんのゴミが出ますし、消耗品なのでお金がかかります。
布ナプキンだと何回も使えるので、環境に優しくエコで経済的です。