低用量ピルを初めて使うならトリキュラーから試す

薬を飲んでいる女性

低用量ピルを試してみたいという場合、まず「トリキュラー」を選んでみましょう。
日本国内の病院で多く処方されている低用量ピルで、日本人女性の体質に合っていると言われています。
トリキュラーにはエチニルエストラジオールと、レボノルゲストレルという成分が主成分として配合されています。
これらホルモン製剤でエチニルエストラジオールは卵胞ホルモン、レボノルゲストレルは黄体ホルモンという女性ホルモンの代わりとなる成分です。

この2つのホルモン製剤を身体に取り入れる事によって、女性ホルモンのバランスが変わります。
すると、脳がすでに排卵していると勘違いし、排卵をストップさせるという効果を発揮します。
排卵しなくなるので性交渉を行っても、受精卵が作られず結果、ほぼ100%の確率で避妊の効果を発揮するのがトリキュラーの特徴です。

避妊目的だけでなく生理周期をコントロールしたり、女性ホルモンバランスが崩れる事で起こる大人ニキビの治療にも処方されています。
他にも低用量ピルは各製薬メーカーで製造されていますが、なぜトリキュラーがピル初心者の女性におすすめなのかというと、自然なホルモンバランスに近づきやすい三相性型ピルとなっているからです。

低用量ピルには錠剤に一定のホルモン製剤が含まれているタイプと、錠剤ごとにホルモン製剤の量を変えているタイプがあります。
トリキュラーの場合、赤色・白色・黄色と錠剤のカラーが分けられているのですが、カラーごとに配合されているホルモン製剤の含有量に違いがあります。
段階的に身体の中に取り入れるエチニルエストラジオールと、レボノルゲストレルを変えて行く事によって、女性の自然なホルモン分泌パターンに近づける事が可能です。

トリキュラーのような三相性型ピルは、最終的に取り入れるホルモン製剤総量が、そうで無いタイプのピルよりも減らせる事ができます。
摂取量が減らせれば副作用のリスクも軽減するので、ピル初心者の方でも負担なく服用できるでしょう。
副作用が出る・出ないには個人差はあるものの、トリキュラーの場合頭痛や吐き気、太るといった症状が起こり難いと言われています。

トリキュラーで太る?副作用のむくみについて

低用量ピルを始めて使う人にもおすすめできるのが避妊効果の高いトリキュラーですが、服用をする時には必ずどのような副作用があるかということまで考えておかなくてはいけません。
一般的に低用量ピルの服用を始めると太ると言われることがありますが、それはホルモンが関係しているからです。

トリキュラーに配合されている女性ホルモンのうち卵胞ホルモンとしてはエチニルエストラジオールが入っており、黄体ホルモンとしてレボノルゲストレルという成分が入っています。
これらのうち太ることに関係しているのが黄体ホルモンで、低用量ピルの服用をしていない時でも生理前には体がむくむという症状が出やすくなります。
低用量ピルで太るというのは、ほとんどの場合がむくみから生じているもので、黄体ホルモンの量が増える時には体の中の水分を溜めこむような作用が出るためにむくみやすくなります。
トリキュラーはおいたいホルモンの量も最小限になるように減らしてあり、かなり少ない分量になっているために太るという副作用は出にくいと言われています。

トリキュラーに配合されている黄体ホルモンの量は周期中に段階的に量が変化していきます。
必要があるときだけ黄体ホルモンの量を増やすという仕組みになっているため、黄体ホルモンの総量を少なめに保つことが可能になりました。
それでもむくみやすい体質の人は生理前を中心にむくみが出ることがありますし、ホルモンのバランスが乱れた時などもむくみが出やすくなることがあります。
こういった症状は個人差が大きいので出る人と全く出ない人がいます。
むくみやすいという人は食事中の塩分摂取を控えめにしたり、お酒の飲み過ぎを控えるなど生活の中でも工夫をするようにしましょう。