アフターピルを安い値段で買う方法は個人輸入

薬のスプーンを持っている女性

アフターピルを安い値段で買う方法としては個人輸入があります。
アフターピルを海外から個人輸入したとしてもそれは違法ではありません。
海外からの個人輸入と言っても、日本の代行業者から購入することもできます。
日本の代行業者から購入すれば英語が苦手な方でも簡単にアフターピルを手に入れることができます。
海外のサイトには、偽物を販売する悪徳業者も存在しています。
そのため、信頼できる場所から購入することが大切となります。

アフターピルを通販で購入するメリットは、安く購入することができるということです。
アフターピルは病院でも処方してもらえますが、病院処方となると検査などの費用も併せて必要となりますし、休日料金・初診料などの手数料が必要となります。
アフターピルは保険適用薬ではなく自由診療であるため全額負担となりますし、自由診療であるため病院によって必要となる料金も異なります。
そのため、アフターピルを病院処方してもらうと非常に高額な費用が必要となります。

しかし、通販でアフターピルを購入すれば、安い値段で手に入れることができます。
病院処方のおよそ1割程度の値段で買うことができるので費用負担が少なくて済みます。
割引のキャンペーンや送料無料などのキャンペーンが行われていることもあるので、さらにお得に購入することができて便利です。

また、病院処方の場合、基本的に一箱(一錠)が処方されることになりますが、通販ではまとめ買いすることもできます。
通販サイトではピルの種類も豊富で、トリキュラーをはじめとする低用量ピルや、アフターピルのアイピルなど、効果をしっかりと見て買うことが出来るのも特徴です。
月経困難症で悩む方には通販でトリキュラーをまとめ買いすることも出来ますし、避妊を忘れてしまった時のためにアフターピルをまとめ買いすることも出来ます。
病院処方の場合、避妊に失敗した後にしか基本的に処方してもらえません。
しかし、通販ではいつでも買うことができるので、万が一に備えて常備しておくことができるのも通販ならではの特徴と言えます。
日本の病院では処方されていない海外製品も買うことができるので、自分に合ったものを自分で調べて購入できるのも通販の魅力です。

偽物を販売する悪徳業者もいる為注意が必要

まとめ買いができたりクーポンやチケットで割引が受けられるなど、何かと便利なのが薬の通販です。
しかし、アフターピルを購入する場合には、偽物を扱っている悪徳業者に気を付けなくてはいけません。
あまりにも安い値段で販売されている場合などには、そこで販売されている薬が偽物だという可能性も疑ってみるべきでしょう。
いくら安い値段で購入できると言っても、医療用の薬にはおおよその相場と言うものがあります。

そのため、これでは利益が出ないだろうと言うくらい安い値段でアフターピルを販売しているサイトがあれば、そこは怪しいと考えることができます。
アフターピルの通販での相場は1錠あたりおよそ500円から1000円くらいとなっています。
それよりも安い価格で販売しているサイトには注意が必要です。

また、利用者の口コミなどが書かれていない、薬の詳細情報が書かれていないといったサイトも疑ってかかるべきでしょう。
薬の詳細な情報が書かれていないということは、その販売業者は医薬品についての正確な知識がないということになります。
世界では今偽造薬を販売するビジネスが横行しているので、その被害者になってしまう可能性があります。

アフターピルが偽物であるかそうでないかを見分けるには、やはり一度本物を購入して実際に見比べてみるのがベストです。
一度も本物のアフターピルを購入した経験がないようであれば、通販で取り扱っているものはほとんどが海外製品であるため、真偽の確かでない説明書などが同封されていた場合にも、英語や外国語が苦手な人では見わけが付きにくくなります。

アフターピルの偽物を販売している悪徳業者を避けるためには、やはり大手の通販サイトを利用するのがベターです。
大手の通販サイトであれば口コミが書かれていることも多く、販売されている薬の真偽をたしかめる際の参考になります。
また、販売業者の対応なども詳しく書かれていることがあるので、信用できるサイトなのかどうかを判断できます。