若い女性

普段あまり関わりがなくても、自宅に準備しておきたいものがあります。
風邪薬やのど飴などと一緒に、パートナーがいる人はアフターピルを用意しておくのがおすすめです。
日本ではピルで避妊するよりはコンドームでの避妊が一般的ですが、ピルは女性ができる避妊対策として非常に効果的です。
アフターピルというと出来るだけ関わりたくないものというイメージがありますが、実際に服用しなければならないシーンになった時72時間以内に必要なので意外ともらいに行くだけでも大変です。

また、アフターピルは値段が1万円以上するものが大半で置き薬としてはかなり高いのも買いにくい点です。
しかしコンドームを常備しているのと同じように、薬箱に常備しておくといざという時に助けられます。
避妊を失敗してしまうことは誰にでも可能性があることで、そんなつもりはなくてもコンドームが破れてしまうなどはよく起こることです。

そのため、コンドームで全ての避妊の可能性をカバーしようというのは考えとして甘いと認識しておきましょう。
考えたくありませんが万が一、性被害に遭ってしまった時にもアフターピルはすぐに必要です。
病院に行くことすら辛いシーンもあり得るので、値段は高いものの1つ家に置いておくと安心できます。

アフターピルの効果は72時間以内に服用しなければ発揮されません。
すぐに服用しなければならない時にもなかなか病院に行けないことも多いでしょう。
会社や学校をいきなり休むというのはなかなかしづらいものです。
さらに、このアフターピルには服用の期限は厳密にはありません。
そのためある程度の期間であれば自宅に保管しておいても効果がおちることはないので、購入する時は高くても後から使う時には買っておいてよかった、と思う人が大半です。

さらに、服用するタイミングが早ければ早いほど効果は現れやすいと言われています。
そのためモーニングアフターピルが出来るようにしておくのがベストでしょう。
普段関わりがない薬でも、自分は無関係と思い込むのは大変危険なことなので、常備しておくのがおすすめです。

病院でアフターピルの処方してもらう場合の費用は?

アフターピル(モーニングアフターピル)はもしもの時に備え、常に手元に置いておくのがおすすめです。
万が一性被害に遭ってしまった時でも望まない妊娠から自身を守ることができますし、常備しているという人も増えてきています。

アフターピルは避妊に失敗した時などに服用することもできます。
この薬はいつ飲んでも効果があるというわけではなく、避妊に失敗した時から72時間以内に飲む必要があります。
早く飲めば飲むほど効果がありますが、72時間を過ぎてしまったらあまり効果は得られないということです。

病院でアフターピルを処方してもらう場合、やはり値段が気になるという人も多いでしょう。
アフターピルには大きく分けて2つの種類があり、プラノバール錠かノルレボ錠かによって価格が異なってきます。
プラノバール錠は6000円前後が相場となっており、ノルレボ錠は3000円~15000円が相場となっています。
また、病院で処方してもらう場合は薬の費用だけでなく、診察料などもかかってくると知っておきましょう。

アフターピルは少し値段が高いと感じる人もいるかもしれません。
なぜ値段が高くなるのかということですが、この薬は健康保険が適用されないためです。
全額自己負担で購入することになるため、一般的な薬と比べて値段が高く感じるということです。
できるだけ費用を抑えたいという場合、避妊はアフターピルに頼るだけでなく、コンドームなどの避妊具も併用すると良いでしょう。

アフターピルはきちんと服用すればほぼ確実に妊娠を回避できると言われています。
ちなみに、決められた量以上に服用しても効果がアップするわけではありませんし、副作用のリスクが高まってしまうので注意しましょう。